チラックス研究所

チラックスを目指すブログ。ウィンブルドン、ランニング、外から見た日本、海外生活、書評などについて。

ロジカルに考えた日本の処方箋:新・所得倍増論、デービッド・アトキンソン

f:id:k1_s:20201103124139j:plain

日本のGDP世界3位の地位は人口の多さによるもので、1人あたりGDPは世界第27位。 筆者は言う、”皆さんが学校でこんなに熱心に勉強して、塾にも通って、就職してからも毎日長い時間を会社で過ごし、有給休暇もほとんど消化せず、一生懸命働いているのに、「生産性は世界第27位」と言われて、悔しくないですか。先進国最下位の生産性と言われて、悔しくないですか。”

確かに、6年弱ロンドンで暮らし、ヨーロッパ各国を旅行して感じたのは、中流以上の人たちの物質的、(特に)精神的な豊かさ。ほとんどの人にとって長時間労働という概念はなく、有給休暇は使い切るのが当然、2、3週間連続の休みも珍しくない。たっぷりある余暇時間には様々な趣味を楽しむ。それでいて給料は日本の同等の仕事をする人より高い。日本の1人あたりGDPが世界27位、先進国最下位というのはその通りなのだろう。

人口が増えない中で経済成長するには、生産性向上しかない。筆者は、労働者全員の仕事のやり方、各業界のあり方、人の配分などを根本的に変える必要があると説く。失われた20年以前の日本が経済成長していた時代にも、様々な非効率はあったが、人口増がそれを補って余りある効果を発揮していた。

その人口ボーナスステージが終わり、生産性向上に向き合わなければいけない時代はとっくに来ている。どうすればよいのか?

筆者は、”生産性向上は、労働者が自ら進んで行うことではなく、間違いなく経営者がなすべきこと”だが、経営者にそのインセンティブはないので、政府が国家として経営者にプレッシャーをかけて、経営者に成長戦略の実現を求めるよう、真剣に働きかけるべき、と主張する。

主観的にも客観的にも、日本の一人一人の労働者の能力は全然低くなくむしろ優位にあるので、無駄を省き意識を変えれば、未来は暗くないはず、とも思う。

著者は菅首相とも仲良しで成長戦略会議のメンバーにもなっている。彼の思う改革案が実現されていくだろうか。

デービッド・アトキンソン「新・所得倍増論」

f:id:k1_s:20201103124139j:plain