チラックス研究所

チラックスを目指すブログ。ウィンブルドン、ランニング、外から見た日本、海外生活、書評などについて。

中野区、保育園入園のための必要な点数、共働きで確実に入れる園は?

保育園は誰でも入れるわけではなく、保育の必要性を点数化し、その点数が多い順に決まります。

中野区の場合、その点数は、父親、母親ともフルタイム共働きであれば、それぞれ21点、合計で42点となります。

おそらくこの点数で多くの家庭が並ぶので、42点で入れる園がどこなのか?という観点が重要になります。

公表されている2021年4月入園者のデータを使って、当時42点で確実に入れた保育園を青色、確実に入れたとは言えない保育園(つまり最低点が42点以上)を赤色で、0歳児クラスと1歳児クラスについてGoogleマップにプロットしたものがこちらです。

datastudio.google.com

リンク先の地図では、それぞれの園の名前、当時の最低点数(下限指数)についてもカーソルを合わせることで見ることができます。

以下、スクショも貼っておきます。

0歳児クラスでは、42点で確実に入れるのは半分くらいでしょうか。

f:id:k1_s:20220205150357p:plain

1歳児クラスでは、42点で確実に入れる園はかなり少なくなります。

子どもが1歳で確実に認可園に入れたければ、夫婦フルタイムの42点に加えて、何か加点が欲しいところです。

f:id:k1_s:20220205150419p:plain

あくまでも2021年4月入園のときの最低点なので、毎年こうであるという保証はありませんが、一つの参考としてください。

2022年4月入園の2次募集の人数については、こちらのエントリーを参考にしてください。

www.chillaxlab.com